ORANGE POS

ORANGE POSの強み

カスタマイズ可能。
大規模事業者・大型店舗対応のタブレットPOSレジシステム

自社業務・店舗に合わせてカスタマイズできるPOSレジシステム。それがORANGE POSです。

大規模事業者、大型店舗にも対応。業務に合わせたカスタマイズが可能

ORANGE POSの強みは、大規模事業者・大型店舗に対応しながらも、お客様がご希望される機能を追加開発・カスタマイズに対応している点にあります。

SaaSモデルの多いタブレットPOSレジシステムでありながら、レガシーPOSレジシステムのような高いカスタマイズ性を確保しています。小規模なカスタマイズでは、自社の望む売上報告フォーマットを作成したり、大規模なカスタマイズでは、ORANGE POSをベースに自社POSサービス用のシステムとして大規模かつ抜本的なカスタマイズ・改修を実施するなど、ご要望の規模にかかわらずカスタマイズ対応が可能です。

カスタマイズ性の比較

ORANGE POS
他社SaaS型タブレットPOS

従来型POSシステム
カスタマイズ対応 独自要件に基づく機能追加、カスタマイズなどを実施可能。
カスタマイズ範囲は要件定義などで決定。画面デザインなどの変更も可能。
原則として不可。
開発予定にある機能であれば先行リリースなどの対応もあり得るが、個別対応はほぼ不可能。
実施可能。
要件定義などを経てカスタマイズ内容を決定する。
ただし結果的にベンダーロックがかり、コストも上がりやすい傾向にある。
外部システムとの連携対応 自由に連携可能。
連携内容について要件定義で確認し、決定・実装の流れとなる。希望する要件を自由に実装することができるため、既存システムや新システムなど自由な連携が可能。
既に連携済みのシステムからの選択となるか、連携したいシステム側(基幹システムなど)でカスタマイズを行うことで対応は可能。基幹改修等の場合、高コスト。 実施可能。
大規模な基幹システムとの連携や要望するシステムとの連携実績があるケースも多い。
ただし結果的にベンダーロックがかり、コストも上がりやすい傾向にある
外部機器連携 自由に連携追加等が可能。
設置機器ごとに連携機器が異なる場合にも対応可能。(既存店舗では既に使用しているプリンターを利用する、など)
連携対象機器は制限されているケースが多い。
自由に連携する機器を追加したり、古い機器を再利用することなども出来ない事が大半。
ハードウェア一体型の場合は追加不可・変更不可が原則。
このため最新機器などの導入はすぐにできず、一歩送れての機器導入となる

ハードウェアも柔軟に構成・カスタマイズ可能

ソフトウェア、ハードウェア双方についてカスタマイズの自由度が高い事が特徴のORANGE POS。例えば、可搬性を高めるためにポータブルタイプのバーコードリーダーを選択する、読み取り性能を上げるために据え置き型のバーコードリーダーを利用するなど、ハードウェアも柔軟に選択することが可能です。

その他にもキャッシュドロワーを利用しない完全キャッシュレスレジの構築も容易に実現でき、すべての機器が一体となったレガシーPOSレジシステムなどでは実現の難しい、シンプルな機能のPOSレジシステムを構築できます。バーコードリーダーの代わりにRFIDリーダーを用い、商品の読み取りスピードを向上させる事も可能です。このようにハードウェアの連携の有無、などにより様々な機能を追加する事が可能です。

店舗入り口にRFIDゲートセンサーやAIカメラなどを設置し、来店者を特定、来店者情報をORANGE POSと連携し、会員証の提示がなくとも会員判定を可能とするなど、次世代型店舗の構築にも大きく貢献いたします。

ハードウェア連携例

ハードウェアの連携追加・連携削除など様々なカスタマイズにより、機能性を上げることも、可搬性などの重視項目に特化した仕様とすることも、多様に対応する事が可能です。

自動釣銭機(自動釣り銭機)

セルフレジ構築のために機能連携する事も可能です。

バーコードリーダー

ハンディタイプでも据え置き型でも選択可能。

RFIDセンサー

商品読み取り以外、会員カード読み取りなどにも活用可能。

決済端末連携

多様な決済端末との連携、各決済手段の対応が可能です。

自社開発、自社仕様定義のため、ソフトウェアのカスタマイズも自由に実現可能

ORANGE POSはPOSレジシステムとしての基本的な機能の仕様定義から実際の開発まですべて一貫して自社にて実施しています。このため、システム仕様および業務仕様について十分に理解しているだけでなく、どのように変えればお客様のビジネスにフィットさせることができるのかをご提案、ともに考えて行くことが可能です。

小規模なインターフェイスの改修から、抜本的な法令対応まで一貫して自社で開発を行っておりますので、お客様のニーズにあったシステムカスタマイズ・改修を自由に実施する事が可能です。

在来のタブレットPOSレジシステムでは実現されることの少なかった、様々な機能を実際に開発・カスタマイズし、お客様にご提供をしています。

ソフトウェアカスタマイズ開発例

単品管理機能の充実

完全に単品販売/単品管理が求められるチェーン店様などにて、商品の単品管理機能を開発。ECシステムも自社開発している強みを生かし、商品管理マスタから効率的な管理が出来るようにシステムを設計・カスタマイズを実施。
複雑な管理が求められる商品の適切な在庫管理、SKU管理などを実現し、外部専門システムとのより効率的な連携なども実現しています。

食品業界向けセルフレジ

レジ通過件数が多く求められる食品業界で、店舗内据え置き利用されるセルフレジを開発。スペースを取らないこと、一定以上のレジ通過スピードが求められる事など、単純なセルフレジ以上の機能が求められました。
販売機能だけではなく、お客様の商品持込、買取、お支払い、買い取り商品の検品、在庫組み入れまでの機能をカスタマイズ開発し、ご提供をさせていただきました。

買取機能をPOSレジシステムに統合

一般的にPOSは販売に特化したシステムですが、買取を実施している業界の場合には同一のタブレット上で買取、在庫管理までを行いたい、というご要望をいただくことも多くあります。
ORANGE POSの可用性とタブレットPOSレジシステムという特色を生かしたカスタマイズを実施し、店舗の安定運用に貢献しています。

予約販売機能をPOSレジシステムに統合

POSレジにて予約販売機能を実装。在来は店舗では、予約販売時の申込しか出来ませんでしたが、同時に決済までを実行し、適切な会計処理を実施するために必要な情報を生成。
店舗の様々な販売シチュエーションに柔軟に対応することが可能です。

大規模事業者にも対応。大型店舗でも安定して活用が可能。

ORANGE POSはタブレットPOSレジシステムでありながら、全国1,000店補を超える店舗、4,000台超の同時利用などの実績があります。国内大規模事業者の業務の中心システムとしてご活用をいただいています。

このため、大規模事業者の店舗運用のPOSレジシステムに求められる、商品マスタ同期、売上報告、開店時管理業務、拠点管理や、地方・エリア、管理グループの設定、販売集計グループの設定など、多店舗展開をされている企業様が求める多くの機能を実現する事が可能です。

その他多彩なカスタマイズ項目

管理単位を自由に構成可能

大規模事業者でよく展開をされている、都道府県などのエリア毎の管理形態の他、都道府県などとは関わりなく設定できる販売グループなどの管理グループを個別に設定できます。

これにより、例えば、地域を越えた店舗グループを設定したり、例えば販売スタイルによる店舗単位を設定したりといった管理を実施することが可能です。
これらの管理情報に基づき、施策や販売可能な商品情報などを店舗のグループ単位で指定する事が可能です。

多様・多彩な販促施策を実行可能

セット販売、バンドル、セール、クーポン値引きなどの販売施策を展開することが可能です。これらの設定は購買の単位として設定するだけでなく、グループ単位で設定することも可能。

地域限定セールや販売グループ単位での限定クーポンなど、多様かつ多彩な販売施策を構成する事が可能です。

本部商品と店舗独自商品の両立

店舗で独自の商品マスタを登録し、販売する事も可能。大規模事業者の店舗では本部の指定する商品マスタしか販売できない、と言う統制が取られる代わりに自由度がない、というケースも良く存在しています。ORANGE POSでは、統制を取るだけではなく店舗独自の商品販売も可能とし、多様な販売スタイルの生まれるこの自体にマッチした商品販売を実現。

もちろん、本部からの商品マスタのみでの販売限定も可能な他、商品マスタの利用可能先を個別に設定し、たとえば地域限定商品としての商品マスタ配信を行うなど、自由度の高い、かつ事業的にメリットの大きいシステム機能を実装しています。

事業を継続するためのオフライン機能も充実

店舗で利用されるPOSレジシステムは、店舗が開店している間は常に会計が可能な状態であることが求められます。このため、タブレットPOSレジシステムの欠点の一つでもある、インターネットに接続する環境がないと機能しない、という問題が大きな課題となります。

ORANGE POSは、この問題に真摯に取り組み、オフライン時でも会計を可能とするオフラインモード(※)を用意。BCP対策としての可用性を確保しているため、店舗ネットワークの状況に左右されず、店舗運用が可能です。

また、これらのオフライン時のデータはオンライン復旧時に送付される仕組みとなっているため、データ消失のリスクも低減しております。

※セキュリティおよび、仕様制限により一部機能は利用不可。
柔軟なシステム連携。基幹システム等との連携も実施

店舗運用の根幹のシステムである以上、基幹システムとの連携も必須となります。ORANGE POSは様々な企業の基幹システムとの接続経験も豊富。

基幹システムから商品マスタの連携を受けることはもちろん、会計システムへの売上報告、在庫システムへの販売情報連携など、求められる多くのシステム連携を実現可能です。

また、EC-ORANGEをはじめとするECシステムとの連携も可能。このため、ECの顧客・会員マスタとデータ連係を行ったり、同一の増谷基づく販売を行うなど、連携機能を重視したシステムとなっています。

これらのシステムカスタマイズ・開発は、ORANGE POSの開発を行っているエスキュービズムのECシステムの開発で培われた外部データ連係のノウハウが生かされ、店舗で活用されるタブレットPOSレジシステムでも、この経験とノウハウは十分に活用されています。

BOPIS(Buy Online Pick-up In Store)対応

オンラインで購買された商品を店舗で引き渡す、いわば配達のないEC購買の形)のような新しい店舗の活用方法にもいち早く対応。

ECサイトでの購買情報をPOSで受取、お客様が帰りに立ち寄ってピックアップするという、最新の購買スタイルにも対応しています。

日本ではまだ実施の少ない購買スタイルですが、今後大きく伸びることが予想され、小売店実店舗のこれからの生き残り戦略の中心となると予想されるこれらの機能をいち早く実現しております。

店頭で顧客接客をする接客アプリも実現可能

店舗店頭の顧客体験を向上させる、接客アプリ

POSレジシステムとして販売機能を持つだけではなく、ECサイトをはじめとする顧客システムとの連携が可能なため、顧客情報を手元で参照しながらお客様との接客を行う、接客アプリ/機能の開発、追加も可能。

店頭でお客様の過去の購買履歴を皆から新たな商品をおすすめすることも、ECサイトの閲覧履歴を確認しながら商品のおすすめなどを行う事も可能です。
販売するだけではなく、オムニチャネルシステムの一貫として利用可能な連携型のレジシステムであるからこそ、販売から接客までの幅広い業務に対応することが可能です。

接客アプリ 画面イメージ例

顧客確認画面

お客様の過去購買情報等をより短時間でより詳しく確認。例えば過去に購入された商品の色違いをお勧めする事なども可能に。

顧客向けレコメンド機能

お客様の購買履歴などからレコメンドすべき商品を自動抽出。在来はスタッフが感覚で行っていたアップセルをシステムを活用して可能となります。

オムニチャネルで強みを発揮する、タブレットPOSレジシステム

DX/OMO/オムニチャネルが当然のものとなる時代。
店舗のデジタル化を強力にサポートする ORANGE POS。

ORANGEシリーズ連携ならスムーズなオムニチャネル導入が可能に

店舗のあり方と、ECサイトのあり方が遷り変わりゆくこれからの時代、店舗のPOSレジシステムに求められるのは、在来の会計機の延長ではなく、ECシステムやOMOシステムなどのデジタルデータ、モダンデータとの連係です。

BOPISへの対応を始め、最新のデータ連係型購買スタイルを常にリードしてきたORANGE POSは、オムニチャネルの時代に使われるべきPOSレジシステムとして、ECシステムや顧客システムとの連携を想定した開発を実施しているため、店舗接客、店頭販売の現場で今までとは違うお店のあり方を提供する事が可能です。

POSシステムの機能や導入に関するご相談は
お気軽にお問い合わせください。

フォームからお問い合わせ お問い合わせフォームへ

お電話でお問い合わせ電話受付: 平日 9:30 - 18:30 03-6432-0346