ORANGE POS

POS比較

ORANGE POSは、他社のSaaS型タブレットPOSに比べ、基幹システム連携や機能拡張性に優れています。
また、従来型POSシステムに比べて、保守面や台数・店舗数を増やす際のコストメリットが期待できます。


他社SaaS型タブレットPOS

従来型POSシステム

PC POSシステム
導入コスト 店舗規模、運用形態に併せてソフト・ハードの導入組合わせを柔軟に選択できるため、最小限の導入コストで運用スタート。 ASP型のように導入コストが不要/安価。導入もAppStoreから端末にインストールするだけなど、手間もかからないものが多い。 ソフト・ハードともに手間・コストが大きく、新規導入、追加出店時の増築の際にも高額費用が発生してしまう。 ハード面は資産運用できる可能性もあるが、ソフト面の導入に関しては台数依存のため大規模(多店舗)では不向き。
機能 会計機能、在庫・顧客情報閲覧、プロモーション機能の他、販売分析、CRMなどの機能も充実。 会計業務に特化しているため、機能が限定されている。 発注業務・勤怠管理など店舗運営の周辺業務を包括する機能が備わっている一方、不要な機能が煩雑というケースも。 フロントPOSとしての一通りの機能が包括的である一方、商品登録や棚卸などのバックヤード業務では機能が足りていない場合も。
操作性 タブレットでの直感的な操作が可能。店舗ごとの独自の業務フローに併せた設定も可能。 タブレットでの直感的な操作が可能な反面、商品登録などのバックオフィス業務の操作性が低い。 各社製品で共通する部分もあり、スタッフが捜査に慣れているが、システムに合わせた運用も一部必要に。 一画面で見せる情報が多く、見づらい印象。利用方法をキチンと抑えてからでないと通常購買も実行できない場合もあり。
拡張性 独自の機能追加はもちろん、大規模対応、基幹システムや他社アプリとの連携など、カスタマイズが比較的容易。 ASP型などではカスタマイズは難しい。仕様上、大量データ処理が必要な大規模(多店舗)展開での運用には不向き。 基本的にカスタマイズが難しく、独自仕様にするにはかなり高額のコストが発生してしまう。 基幹システム連携などの実績はあるものの、ベンダーロックされてしまい、コストが上がりやすい傾向。

POSシステムの機能や導入に関するご相談は
お気軽にお問い合わせください。

フォームからお問い合わせ メールアイコンお問い合わせフォームへ

お電話でお問い合わせ電話受付: 平日 9:30 - 18:30 電話アイコン03-6432-0346