ORANGE POS

DX推進支援

今後大きな課題となる店舗のデジタル戦略について、
エスキュービズムはリテールのノウハウに基づき多角的な視点からDX推進支援を実施いたします。

DXで
今までにない
店舗体験を提供

店舗やECなど様々な購買チャネルで今までにない体験をお客様へ提供し、高いロイヤリティと満足を得て頂くことも可能に。

DXで
店舗の新しい
働き方を実現

店舗での品出し・検品・棚卸しなどの複雑な業務をできる限りシンプルに効率化し、本来するべき接客に時間の割ける環境へ。

OMO時代のサービスを見据えたORANGE POSのDX推進

新型コロナウイルスの影響により、緩やかに変化すると考えられていた消費者行動は急激に変化しています。そして企業は、過去から続く消費者習慣や、自社の販売モデルを基にした店舗設計を見直さなければならない状況に直面しています。急速に訪れたOMO時代の波に乗るには、消費者心理を読み取り素早く時代に適した準備を行う必要があります。

ご提案例 ORANGE POSによる具体的なDX推進支援の一部をご紹介します。

顧客接点管理

お客様をより良く知り、ワンランク上のサービスを提供するため
すべてのチャネルの情報を統合し、いつでも参照できる環境に
システム連携により、EC・POS・コールセンターすべてのコンタクトポイントでの顧客情報を参照、統合して確認、管理が可能です。さらに解析や分析を加え、接客アプローチの推奨方法を提案することも可能です。チャネルを問わず、お客様にとってより馴染み深い存在になります。

店舗、EC、電話など、チャネルの区別を持たず、お客様とのコンタクト履歴をすべて一元管理

購買情報の他チャンネルでの参照だけではなく、お問い合わせ履歴やサイトの訪問履歴、SNSでの反応履歴など、店舗やコールセンターで知ることのできなかった様々な情報を活用可能にします。

図:自動的な経緯の共有、お客様傾向の把握によりお客様の手間を取らせずスムーズな接客が可能に

他チャネル独自の情報を別の環境でも活かし、お客様とのより良い関係を構築

例えば、コンタクトセンターとの会話の中で購買を検討したけれども購入に至らなかった商品を店舗で実物を店ながらおすすめしたり、店頭で検討をしていても購入に至らなかった商品のアップセルトークをコールセンターから実施するなど、チャネルをまたいだ情報活用を可能としていきます。

手続きのマルチチャネル化

最も快適な手続き方法を選んでいただけるサービスに
例えばギフト対応は配送先のほかラッピング、のしがけの種類、メッセージカードなど多くの指定が必要です。店頭で複数の配送先を指定する場合などは非常に手間がかかるため、会計カウンターやギフトカウンターの混雑・三密に繋がり、結果的にお客様にご不便な思いをさせてしまいます。

複数の方法を用意することが、お客様にも売り場環境にもメリットをもたらす

ORANGE POSのオプション利用で、お客様に他の選択肢をご用意することが可能です。カウンターではなく椅子でタブレットからゆっくりと設定をしていただく、またはご自宅に戻ってからオンライン上で設定をしていただくなど、その方に合った方法を選んでいただくことで、一つの場所に人が集中してしまう事態を避けることができます。また、ギフトカウンターの人材コストを下げられる可能性もあります。

図:ギフト対応希望のお客様に、店員がいくつかの手続き方法を伝えている。1.待合椅子でタブレットからセルフでタブレット登録 2.ご自宅にてオンライン登録 3.カウンターにてスタッフによる聞き取り+配送伝票の記入

在庫参照・取り寄せ手配

お客様の「これ欲しい!」に素早く対応。他店の在庫状況も手元のタブレットで確認
自他店の在庫を会計画面やそのほかの様々な画面から、ワンアクションで検索。 POSや接客機能などから素早く参照・移動できるので、在庫が不足している際の在庫補充にも、客注に対応するための在庫の店間移動も簡単に実現できます。

他店舗の情報も、より容易かつ安全に。

他店在庫を簡単に検索。もちろんロット毎の確認や参照が可能です。参照するだけではなく、タブレットから在庫ロットを指定して取り寄せを行うことも可能。これらの在庫の参照先や依頼先、依頼時の承認などは、システムでの自動設定の他個別店舗を自由に選択できるなど、運用上生じがちな多くの課題に対応しています。

食品でも安心なロット毎の在庫管理、賞味期限管理機能

在庫の状況確認のために販売可能在庫毎のロット、賞味期間を管理することが可能です。 賞味期間などのロット情報は、在庫管理だけではなく入出荷などにも対応しているため、一環した現品・ロット管理が可能です。

入荷検品確認

他システムとの連携も容易な入荷検品確認機能
より素早く、より適切な出荷業務、入荷検品業務、適切な在庫区分による在庫管理を実施するために必要な機能を多く用意しています。特に、OMOの時代に必要となる、ECと連携した在庫区分を管理可能なため、在来の販売を第一にしたシステムでは管理できない情報を付与した入出荷、在庫管理が可能です。

入荷管理画面

直近の入荷予定情報等が表示されます。入荷予定情報からは入荷予定詳細を確認することができ、何が、いつ、何個届く予定なのかを確認できます。

出荷管理画面

出荷指示された内容が表示されます。一覧から詳細を確認することができ、出荷指示商品のピッキングリストなどを出力することができます。

検品管理画面

検品をしたい入荷伝票のバーコードを読み取るか、一覧画面から対象の入荷伝票を読み込み、入荷検品を開始します。ボックス検品や単品検品、検品時の商品不足に対する再送リクエストにも対応しているため、効率的な運用が可能です。

店舗業務のデジタル化で狙う効果

デジタル化の名の下に統合されていないシステム導入が進められ、多くの課題が生じている場合が多くあります。今後更にスピードが求められる中、このような状態は致命的にもなると私たちは考えます。

中途半端にデジタル化が進んだ結果、逆に煩雑な店舗運用に陥っているケースの例
  • 店頭、他店在庫の参照、取り寄せに、別のシステムを動かす必要がある
  • 売上集計、他の報告系システムが全く別でバラバラに管理されている
  • 入荷検品で利用する仕組みと販売系のシステムが全く違う仕組みと筐体で動いている
  • 顧客参照、顧客確認に他のシステムを利用する必要がある
POSシステムを店舗運用プラットフォームとして導入する効果
業務負荷の削減
  • 在庫参照・取り寄せ機能で、必要な時すぐにその場で実行
  • 他システムとの連携も容易な入荷検品確認機能で入荷検品、出荷系業務の負荷が低減
  • 売上報告を始めとする業務効率化の実現
サービスの向上
  • 多様、多彩な販売方法を実現
  • ECやコールセンタとのデータ共通化でお客様の利便性も向上

POSシステムの機能や導入に関するご相談は
お気軽にお問い合わせください。

フォームからお問い合わせ お問い合わせフォームへ

お電話でお問い合わせ電話受付: 平日 9:30 - 18:30 03-6432-0346